こちらからお求めの商品名やその一部を入力して検索することができます。



おすすめ


ブログランキング


@ブログランキング
@ブログランキング

にほんブログ村 テレビブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ
にほんブログ村
ブログランキング

ブログ検索☆BITZ
ブログランキング
フィードメーター - 大河ドラマ 江

DTIブログポータルへ
このブログを通報
Report Abuse

利用規約

NHK大河ドラマの「江 姫たちの戦国」について、感想、キャストなどの情報

父の想いと息子の本心


一刻一刻と関ヶ原の戦いへの時が迫っています。

今回の放送では、まずは上杉攻めです。
そこには、父・家康の想いと息子・秀忠の本心を垣間見ることができました。

上杉攻めの征夷大将軍を秀忠に任命した家康。
父の大きな決断とそして、願いが込められたことでした。

家臣につぶやいた家康の言葉。
「息子を戦から無事に帰すこと」

それは戦国武将の顔ではなく、ひとりの父親の顔でしたね。

戦には死がついてまわります。
我が息子を戦場に送りこむ切ない父の心情が表れていたシーンでした。


また、征夷大将軍に任命され、それを拒んだ秀忠。
江に対して、本心を語っています。

そこには家康の嫡男として過ごしたきた苦悩が込められていましたね。
いつもの皮肉野郎(言葉が悪くてスミマセン)ではなく、
人間味を感じる秀忠の姿でした。


徳川家の重圧に苦しむ秀忠に対して、
江は「それなら徳川を捨ててしまえばよい」と話しましたね。

挙句の果てには、2人が農業に勤しむシーン。
とっぴおしもないことを真剣に話す江に親近感を感じました。

それは秀忠も同じことでしょうね。
肩の力が抜け、いざ出陣です。



seo great banner
SEO
スカウター : 大河ドラマ 江