こちらからお求めの商品名やその一部を入力して検索することができます。



おすすめ


ブログランキング


@ブログランキング
@ブログランキング

にほんブログ村 テレビブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ
にほんブログ村
ブログランキング

ブログ検索☆BITZ
ブログランキング
フィードメーター - 大河ドラマ 江

DTIブログポータルへ
このブログを通報
Report Abuse

利用規約

NHK大河ドラマの「江 姫たちの戦国」について、感想、キャストなどの情報

秀忠の意図


今回は祝言をあげたにかかわらず、めおとになれない江と秀忠が
描かれていましたね。

初夜を迎えぬまま、月日が流れてゆき、
挙句の果てには江が離縁を申し入れるといった展開です。

秀忠は江が元夫・秀勝の遺品を大切に持っていることに
気分を害し、側近からはそれをやきもちであると指摘されます。

それにしても、向井理さんの秀忠がどうもつかみどころがない。

江に対しての感情が分からないんですよね。

どうして「先にめおとになりたいと思った方が負け」だのと、
勝負が存在するのか。

次回には子供が誕生するようですが、
江と一緒に生きることで、秀忠がどのように変化をしていくか、
私はすごく興味があります。

石田光成の存在


石田光成ってこんなに影響を及ぼす人だった?
それが前回の放送を見た率直な意見です。

何かと口をはさんできては、秀吉はじめ淀の君でさえも、
その意見をすんなりと聞き入れることに驚きます。

江が三度目の結婚をする際にも、秀勝との子は豊臣の子だからと
置いていくように・・・と淀君に提案したのは三成。

利休の自害も秀次事件もすべて裏で手を引いているのが三成です。

なんだかすごく嫌な人に思えてきました。


話は変わりますが、向井理の徳川秀忠役にはシビれます

向井さんが登場すると、そこだけが現代ドラマの様な気配になると
感じているのは私だけでしょうか・・・

時代劇に似合わないといえば、それまでですがね。
でも素敵です
seo great banner
SEO
スカウター : 大河ドラマ 江